今すぐに借りたい!

即日融資







借金が多くなった時に

もし借金が膨れ上がってしまった場合、
あなたならどのようにしますか?

借金が大きくなると、毎月毎月返済していくことじたいが難しくなり、
さらに利息だけでもかなりの金額になりますよね。

借金を返済するために、さらに借金をする・・・
このような借金地獄に陥ってしまったなら、
弁護士に相談し、債務整理をすることを検討しましょう。

なお、金額が140万以下の場合は、
弁護士よりも費用が抑えられる、行政書士のほうへ相談しましょう。

さて、まず債務整理についてなんですが、次のように3つの方法があります。

○任意整理

弁護士が債務者の代理人として債権者と話し合い、借金の額を減額して返済していく方法です。

この方法では、和解が成立するまでの間は、借金の支払いが止まります。
さらに引直計算によって支払金額が決まった後は、利息が発生しません。

しかし、信用情報機関には事故情報として5~7年間登録されるので、
新たにクレジットカードを作ったり、保証人になることが難しくなります。

○民事再生

借金の額がとても大きくて返済が不可能な場合で、
マイホームや車などを手放したくない場合に有効な手段です。

・借金額が住宅ローンなどを除いて5000万円以下
・安定した収入があり、将来的にも継続して支払える見込みあり
を満たす必要があります。

なお、500万円以上の借金がある場合は10~20%にまで、
100~500万円なら100万円までに借金が減額され、それを3年間で分割して返済していきます。

この方法でも信用情報機関に7~10年ほど登録されます。
また条件があるので、誰でもこの手続を行えるわけではありません。
さらに、住宅ローンの支払は減額されませんし、金額によっては毎月の支払が増える可能性もあります。


○自己破産

自己破産というと結構マイナスなイメージがありますが、
世間で広まっているイメージと現実には少し違いがあります。

例えば、持ち物を全て差し押さえられると言われていますが間違いです。
基本的に生活に必要な家具、家電は差し押さえられませんし、
賃貸であれば家を出る必要はありません。
差し押さえられるものは、マイホーム、マイカー、生活に必要ではない贅沢品などです。

自己破産をしても、生活保護を受けることもできますし、
失業保険や年金もちゃんと貰うことができます。

もちろん手続き中の資格制限などのデメリットもありますが、
人生を再スタートできるしっかりとした制度ですので、
借金を理由に自殺しようと考えているのであれば、自己破産しましょう。






キャッシングの基礎 | 即日融資 | 豆知識
被害者ホットライン連絡先
CopyRight© 2013, [今すぐに借りたい!] All rights resered